無為♪皆♪混沌の場H

~感じる言葉、考えるアッシ~

無印良品のオーク材、テーブルとイスがきた。

新婚時に買ったテーブルとイス、けっこうガタがきているので、ついに新しいのを先日買った。

 

テーブル   ¥98,000 1

アームチェア ¥38,000 4

 

配送料無料、テーブルも自分で組み立てるので、その費用も無料。

去年の本棚より、絶対組み立てるのは楽だろ。

 

足し算とか引き算苦手でね。大体、10万ちょっとかと思ってた。

12、3万くらいね。あ、上の価格は税込みだから。

 

安くはないけど、今までのが23年とちょっと使ったことを考えると、10年使えば年間1万ちょっと、ひと月1,000円くらい。20年使えばその半分。まあ、死ぬまで使えるかなと見込んでる。壊れたら、もうきっと新しいのは買わない。

 

配送手続き終えて、「では、支払いをお願いします」

「はい」

「25万円になります」

「え?そんな高いの??」

すげー恥ずかしかったけど、思わず口走っちゃったよ。

 

お店の人は慌てて、注文票見て、私も見て、カラクリをやっと理解した。

 

あ、イスの価格、これ、1つ分…この4倍か…。

 

ひょえ~~~。

 

「妻ともう一度相談します」

 

そのあとメールと電話でクミゴンとやり取りして、結局支払いに行った。

「ごめんね。値段言うと買わなくなると思ったから。半分出すから。15万出してもいい。どうしても欲しかったの」

 

まあ、25年使えば…。

 

支払いの際、さっきの人じゃなくてよかった。ほっ。

 

 

 

で、今日着きました。予定通り。

 

イスは最初から梱包解いてくれることになってます。

引っ越しの時のように道路ふさいで、一生懸命配送の方たちが二人がかりで出してくれました。

 

それを運んで。こんな感じ。その向こうに見えるのは去年の夏に買った本棚ね。

f:id:konton57:20180924104307j:plain

さて、ここからテーブル。

まず箱をたてかけて開封前の記念撮影。

 

f:id:konton57:20180924104423j:plain

これでは大きさが実感できん。クミゴンに手伝ってもらう。

f:id:konton57:20180924104531j:plain

わしの身長は176㎝だ(昨年の記録)。

さあ、横にする。

f:id:konton57:20180924104811j:plain

開封

f:id:konton57:20180924104846j:plain

中央に何か貼ってあるぞ。反対に回って撮影。

f:id:konton57:20180924104921j:plain

原産国、日本なんだ。前のテーブルは、このあとひっくり返して知った。

マレーシア製だった。

これね。

f:id:konton57:20180924105014j:plain

ずうっとテーブルクロスかけてたから、表面はけっこうきれい。なんか捨てるのもったいないな。まあ、脚はけっこうぐらついているけど…。

f:id:konton57:20180924105809j:plain


さて、私から見て左サイド(シールの上下考えるとほんとは右サイド)にナットなどが入っていた。

f:id:konton57:20180924105055j:plain

両サイドに脚が2本ずつ。

f:id:konton57:20180924105229j:plain

まず1本取り出し。

f:id:konton57:20180924105314j:plain

包装材解いて、2本並べてみた。脚用のフェルトも出てきた。

f:id:konton57:20180924105409j:plain

2本の足を取った後。

f:id:konton57:20180924105504j:plain

その箱の下に、テーブルの端。ああ、なるほど、と思った。

f:id:konton57:20180924105514j:plain

角は丸いのだ。

前のテーブルが置いてあったところ、つまり新しいテーブルを置くところに移動。

トロンと運ぶ。

 

(その前に、古いテーブルを家の外に出すの、結構苦労した。庭から出すのにどうしても脚が引っ掛かり、その途中、私の脚は蚊のメスにモテてモテて…。

 

脚をはずすところからやり直し。六角スパナがないよ…と思ったが、もしやと試したら、なんとこのテーブルに入っているのが同じのが使えた。まあ、規格があるんだし、そんなものなのかなと思ったのは、ピタッとはまってからのこと。)

 

f:id:konton57:20180924112233j:plain

さあ、脚を取り付けます。

f:id:konton57:20180924112445j:plain

黒いカバーを取り、ピタッとくっつける。

f:id:konton57:20180924112505j:plain

f:id:konton57:20180924112511j:plain

部品と説明。

f:id:konton57:20180924112813j:plain

f:id:konton57:20180924112817j:plain

f:id:konton57:20180924112842j:plain

天板に近い方からね、止めるの。

f:id:konton57:20180924113028j:plain

締めます。

f:id:konton57:20180924113045j:plain

上のネジに引っかからないように、六角スパナには絶妙の角度がつけてあった。やりやすい。が、慣れないので、遅い。

 

中学生の時、従弟の引っ越しの際、叔父さんが手早く締めていて、大人になれば自分もあんな風にできるのかと思ったが、全然そんなことなかった。

f:id:konton57:20180924113137j:plain

一応、下の方(天板側)は締めた。次は上。

f:id:konton57:20180924113225j:plain

で、こんな感じ。一丁上がり。

f:id:konton57:20180924113453j:plain

同じように。4つ。

f:id:konton57:20180924114450j:plain

仕上げは、脚の底にフェルトをつけて完成。

f:id:konton57:20180924114536j:plain

f:id:konton57:20180924114608j:plain

最後、これをちゃんとひっくり返さないとね。

 

クミゴンと二人で慎重に。このとき、テーブルの脚を支点にくるっと回転させてしまうと、脚の付け根にダメージきて、ぐらつきの原因になるので、あくまで慎重に。

 

「トローン」とクミゴンが呼んだが、私が自分の足で下の発泡材を取り払う。

 

無事、完成。

f:id:konton57:20180924115221j:plain

 

1週間後、またナットを締めるんだってって言ったら、クミゴンが爆笑した。

 

今日、いよいよテーブルとイスがくるねって話をしていた朝、去年買った本棚、1週間後にネジ締めると言って、やってないよ、え?そうだっけ?確かに締めた記憶ないような…てやり取りしてたんですね。

 

でもぉ、やっぱり、俺、締めていたような気がする…。今思い出したような、記憶を書き換えているような…。

 

興味があれば、こちらもどうぞ。

無印良品のスタッキングシェルフ・5段×2列 買って組み立てたぞ - 無為♪皆♪混沌の場H

 












 

【寝たふり?盗撮?】惚れてくれた男を食う肉食系美人の妊婦(推定臨月)の裸体

魅力的に感じる女のウエストとヒップのへこみとふくらみの比、世界の民族によらず、性別にもよらず、ほぼ一定の比に収まるらしい。

 

本能的なもんだんだろうな。ちなみに、太さは関係ないらしい。大切なのはあくまで比率。

 

だから、どんなにウエストが細くても、ヒップもその魅力的な比率の範囲を超えて細いのはよろしくない。逆に、太くてもウエストが比率の範囲内でくびれていれば大丈夫。

 

個人的な経験では、ものすごくしっくりくる。

 

人のオスがメスのウエストのくびれに目がいくのは、妊娠していると腹が膨らむのと関係しているとか。妊婦とセックスしても、自分の子孫残せないからね。膨らんだウエストに魅力を感じるオスは、みんな淘汰されていなくなっちまったわけだ。

 

まあ、これだと女も女を魅力に感じる理由の説明にならんが。まさかそのスタイルを目指せたものでもあるまいに。1万年以上前から。

 

 

さて、我が家の隣の美女ね。

続きを読む

【女系家族のお宅拝見】妹はかわいく、姉はこわい。

あの人長男っぽいよねとか、末っ子ぽいよねって会話にまったくついていけなかったことがある。

 

いつだったかなあ、あれ。

 

人間をそういう関係性でとらえたことなかったんだな、それまで。

 

日本は儒教の影響が今でも強いから、もはや跡継ぎでなくても、長男はとか、まあ末の娘はとか、それなりに人格形成に関与はすると思う。まったくないと言った方が嘘っぽいよね、確かに。

 

こんな本もある。まあ、話半分の方がいいとは思うけど。

 

 

妹はかわいくて、姉はこわい。これってよくあるパターンだよね。 

 

この家の場合、妹は子供で、姉は大人のせいもあるけど。

もう妹のまんまるおめめがね。たまらない。

続きを読む

【ロリータ撮影】背中のほっそりした茶色い瞳の肉食系の子に見つめられて固まる

未成熟な子を撮影するのもいいよね。

 

オトナにはない魅力がある。

 

まだ脱皮しきれていない、これから変化していくわくわく感。

 

最高だよ。ゾクゾクする。

 

昼間、思わず見つけたメスたちがいっぱいいた花園、夜にも行ったら、地味にいた。

 

そんな中、向こうが先にこちらを見つめていた。

 

おおっと、思わず声が出ちゃった。

 

スレンダー系、個人的にはパスなんだけど、この子は別。

続きを読む

 【興奮度高め】昼間のガールズバーは最高の穴場~一本のぶっといアレをめぐってメスたちの仁義なき戦い

久しぶりに行ったB公園の酒場。平日の昼間っから大盛況。

 

メスがいるいる。

 

一本のぶっといアレをめぐってメスたちの仁義なき戦いを繰り広げていた。

 

姫も黄色いのも紋付も大きいのも小さいのも勢ぞろい。

 

働く女は美しい。

巨乳はいないけど、くびれたウエストに豊満なヒップ。

 

高みの見物と行きたいところだが、距離感が大切。 やっぱり近くで見たい。

 

しかし、あんまり近づきすぎると痛い目を見る。

 

俺はビビりなので、そんなにリスクを冒すことなく、痛い目見たことないけど。

 

黄色いのは、こっちが何もしなくても好戦的だけど、姫はおとなしいからこれだけは思いきって近づいた。

続きを読む

【モデル撮影】飛び回るウエストの締まった細身の働く女・・・腹黒ではないと信じたい

ランチに行く途中、降りた駅前で見かけたスタイル抜群の働く女。

 

エストのくびれは最高だぜ。

脳内涎が噴出する。

 

慌ててカメラをカバンから出して構える。

 

動き回ってなかなか撮れない。

 

その肉食女子は、こちらには脇目もふらず、いや、一瞬気づいた感じもしたが、あくまで自分の獲物を探していた。

 

それがお仕事だからな。

続きを読む

【ヌードモデル撮影】白いレースのカーテンをバックに細身の子(といってもオトナ)を接写

我が家の白いレースのカーテンを背景にヌードモデル撮影。

 

モデルはまずまず協力的ではあったが、撮影は困難を極めた。

 

これだけ近づいて接写するとね。

 

なかなかピントが合わないんだよ。

 

ピントは実質固定で自分の体を前後させて撮影。

 

脚先が一部入らなかった。

 

ここには1枚だけ載せる。

 

続きを読む